小説更新とおっぱいの話 | ひとりあるき

小説更新とおっぱいの話

こんばんは! あなたのトリコ、あなたもトリコ、白鳥です。
今日は「リックとマモノのエサのノラ」十話を更新しました。ぜんぜん間に合ってなかった! でもなんとか書き上げましたよ!

小説のページはこちら

さて、ここしばらく肩から首にかけてとても痛くて、急遽整体へ行ってきました。いやあ、PC前に座っているのもつらくなっていたもので‥‥耐えきれなかった。
以前はマッサージ屋さんに定期的に通っていたこともあったのですが数年はご無沙汰。今回、ホットペッパービューティーからクーポンが出ていて、近所を口コミを見つつ調べ、見つけたお店がたまたま正午から空いていたので駆けこみました。ゴリゴリもまれたわけではないのですが、なにをしたの? ってくらい痛みがなくなりました。
今日はゆっくりしてくださいと言われ、小説をのんびり書いて更新したあとはちょっとごろんとしたのですが、気づいたら寝てましたね!

‥‥それはいつもどおりでしたね!

整体へ行く前に呟いたやつ↓

これ、昔からふしぎっていうかちょっとイラッとしてたやつ。今日は本当に肩が痛くて、つい思い出し笑いならぬ思い出しイライラしてしまった。
よくよく思い出したら、創作物じゃなくてリアルでもこういう話題になることはあった。そのたびに「わたしがしたいのは胸の大小の話じゃなくて肩の痛みの話‥‥!」ってなってた。でも怒ると、あたかもわたしがコンプレックスに思っているみたいになってしまう。理不尽。(※I am乙女)
わたしの肩こりは筋金入りで、肩が痛いと言うときは本当にしんどいときなのに、茶化してくれるなと思うわけです。そうでなくてもふつうに失礼だしセクハラだよ。ダメだよ。

少年漫画だとありがちな、「胸が小さいことに悩む女の子」もすごく違和感。胸の小さな女性キャラはなぜかみんな悩んでいる。
なんで?
悩んでいる人はもちろんいるけど、みんなそうじゃないよ。気にしていない人もいるよ。でも創作物だとなぜか、判を押したようにみんな悩んでいる。
大きいと、自慢にしてたり、悩んでいたり、なんとも思ってなかったりと多様なんだけど‥‥悩んでいるパターンはやっと出てきたなって印象だけど。やっとっていっても十年くらいのアレなんで、まあ、アレなんだけど。

違和感。

というか胸の大小について、無理にネタにしなくてもよくないですかね。悩んでいるのがかわいいと思うのかもしれないけど、ストーリー上必要な展開とは思えない。
体の悩みは多種多様。よくわからないならネタにしてくれるな。

わたしの悩みは肩こりです。今日行ったところがとても良さそうだったのでしばらく通います。次回も予約してきた!
どうにかするぞ!

スポンサードリンク

▽参加してます▽

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ