戯曲(と漫画)の話 | ひとりあるき

戯曲(と漫画)の話

こんにちは! あなたのトリコ、あなたもトリコ、白鳥です。
創作強化月間! 二作目! アップしました!

なくしもの(ジャンプルーキー!)

いきなり(と漫画)から始まりました。
今回は十一ページのほとんどサイレント漫画です。ネームは九ページだったのですが土壇場で二ページ増やしました。今朝の話です(今もまだ午前中) twitterでも試験的にタグをつけて投稿してみました。
お楽しみいただければ幸い!

次は二十四日です。

さて、戯曲の話をしたいと思います。

まあ‥‥戯曲とかっこつけて言ってますが、わたしのなかでは常に台本です。土台になる本。この役はこういう役割です、ここではこういう振る舞いをします、くらいの。だから演出や役者によって自由に変更してくださいという気持ち。もともと舞台が好きなので、バンバン書いてどんどん公開したい!

ただね~‥‥台本をWebで公開するのって面倒というか、向かないのですよね‥‥ト書きがあって名前があってセリフがあって、の書式が面倒だし見づらい。ひとまずPDFファイルにして置いております→OTHRES

現在公開しているのは「アーサー王伝説~王さまの剣~」と「夜をひとさじ」の二編です。

どちらも前のサイトで公開していたのでもしかしたらすでに読んで下さったかたもいらっしゃるかもしれません。アーサーに関しては高校時代に上演もしているので、もし! もし家族以外で(あれ、見たことあるかも‥‥?)と思ったら、それは奇跡の再会です。

アーサー王伝説自体はとても人気のある物語なので類似作もたくさんありますから、タイトルだけでそれとは言えないのですけどね。おもしろいからぜひいっしょにハマっていただきたい。

夜をひとさじは舌切り雀をモチーフとした作品です。役はいちおう十一人ですが、但し書きにあるとおり多少の増減はできます。ベストは十五人くらいかな~木の役が数人欲しい。
木の役というとギャグやコメディの定番ですよね。「木の役を頑張りました!」っつって背景に徹しているやつ。実際に木の役をやったことがある人ってどれくらいいるんだろう。
こういう演出をしたいので、そのために木の役が必要です! と言いたいのですがなにぶん上演歴がないので、まあ、やってみたいですね。

そんな人脈はないけどね!

わたしは‥‥あれよ、一人でできることはとことんやるけど、だれかがいないとできないことはとことんできない。

スポンサードリンク

そうだ。アーサーと言えば!

復刊クラファンに参加しており、先日本を受け取ったのですが、いよいよ一般販売が始まるようです。受け取っておきながらバタバタしていてまだ読めていないのですがおもしろいこと間違いナシなのでアーサー王伝説にご興味持たれましたらこの機会に是非!
言っておきますがこういう本はすぐ買わないと手に入らなくなります。だから是非! 今はそれほどじゃなくてもいずれ興味が湧くかもしれないな~と、ちらとでも思ったら是非~~~!

広がれアーサリアンの輪!

▽参加してます▽

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ